白髪染めって具体的に何?

白髪が気になる方というのは、何も年配の方だけではありません。

幅広い年齢層の方で、当然ですが白髪で悩んでいる方というのは、います。

こういった白髪で悩む方というのが、手っ取り早く利用するのが白髪染めではないかと思いますが、白髪染めと似たような頭皮の染色法に、カラーリングとかヘアカラーリングと呼ばれている種類がありますよね。

あれって全部違うものなのでしょうか?それとも違うように見えて、実は同じ種類なのでしょうか?

実は白髪染めとカラーリングって、一見するとなんだか同じように思えますが、実はどちらも髪に色を付けるのですが、この髪に色を付ける順序というか、その過程というのが違っているのです。

ヘアカラーリングを行う場合には、まず日本人というのは平等に黒髪なので、黒髪にいくらカラーリングを施しても、きれいにカラーは映えません。

そこでカラーリングを行う場合には、まず黒髪の黒の色素…メラニンを脱色してから、それから好きなカラーを髪に入れていくのです。

対して白髪染めを行う場合には、すでに白髪にメラニンがないので、改めてブリーチなどを行う必要はありません。

白髪染めの場合には、好きなカラーをドラッグストアなどで選んで購入すると、あとはそのカラーリング剤を手順に従って頭に塗って、染めていくだけでいいのです。

そのためカラーリングと白髪染めを比較すると、白髪染めの方が染まりやすく、カラーもきれいに発色しやすいのです。

また、白髪染めは温度によって染まるスピードが少し違うそうです。※白髪染めアドバイザー より

温度が高めの方が多少短縮できるようですので、こうした知識も身につけたうえで白髪染めを行うともっと手軽に行えるかもしれませんね。